パースをはじめ、西オーストラリアの情報を現地から発信。世界一住みやすいパースから行くピナクルズやロットネス島など観光おすすめ情報!

運転の基本ルール  Rule of Driving

左側通行、右側ハンドルと日本と同じ方式をとっているオーストラリアでの運転はしやすいです。しかし、英語の標識や、慣れないお国での運転となれば、1歩間違えは大きな事故につながりません。ちょっとここで一般的なルールだけ知っておきましょう。
免許証 観光ビザでの短期滞在者がオーストラリアで運転する際には、国際免許証及び居住国の有効な運転免許証を携行してください。居住国の免許証に記載されている車種、条件を超えての運転はできません。
走行車線 日本と同じように右ハンドル、左側通行です。道路の幅も広く見通しもいいので運転しやすいです。
シートベルト 運転者だけではなく同乗者全員のシートベルト着用が義務付けられています。運転席、助手席、そして後部座席の全てシートベルトを必ず着用してください。
チャイルドシート 子供を乗車させる場合はチャイルドシートの使用が義務付けられています。観光での一時滞在者も例外ではありません。乳児はベイビーカプセル、体重26キロ以下の子供は必ずチャイルドシートを使用してください。また10~12歳の子供でも、安全のため後部座席に座らせることが推奨されています。チャイルドシート不使用で事故にあった場合は両親の自己責任が大きく追求されと共に、虐待ともみなされます。子供連れでレンタカーを借りる方は、各レンタカー会社でチャイルドシートのレンタルの問い合わせを必ずしましょう。
チャイルドシート規定などを詳しくお知りになりたい方は、クイーンズランド州の「キッズセイフ」ページで詳細を見ることができます。「キッズセイフ」ページ(英語pdf)を見に行く
飲酒運転 クイーンズランド州での飲酒運転は、基本的にビール285ml、ワインなら100ml程度なら運転する1時間前までに飲酒してもいいとされています。ですが体格や体質によってアルコールの消化速度も違うし、一般的に日本人はオーストラリア人よりアルコールに弱い体質と言われているので、やはり飲酒しての運転は絶対に避けましょう。アルコールの血中濃度0.05%以上で罰則の対象になります。罰金も高いし、年末年始やイベント会場周辺ではひんぱんに取締りをしているので、やはり飲まないのが一番です!!
携帯電話の使用 走行中に携帯電話を片手に持ちながらの使用は禁止です。携帯電話用ハンズフリーマイクを利用しての使用はOKですが、基本的に携帯電話で会話中は注意力散漫になりやすいので、自分の安全のため使用は避けましょう。
スピード違反 オーストラリアではスピード違反の規定が非常に厳しく、たとえ数キロ程度のスピード違反であっても罰則の対象になります。スピードカメラもハイウエイに設置され、ランダムな警察のスピード違反取締りもひんぱんにありますので、制限速度は厳守して安全運転を心がけてください。尚、スピードオーバーでスピードカメラに撮影された場合は日本まで罰金の請求が来ますので、くれぐれも気をつけましょう。
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを作成する

平均値:  
 0 件

ワンポイント

日本とはちょっと違う交通ルール、事故を起こさない為にも事前に知っておくことが必要です。

口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを作成する

平均値:  
 0 件

コメントを残す